ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.08.17 Friday

山田元子展「トントン つくる からだ ドキドキ」

山田元子展「トントン つくる からだ ドキドキ」
2018年9月8日(土)〜 10月21日(日)
10:00 〜 18:00 
調布市文化会館たづくり1階展示室《入場無料》
作品の画像


会期   2018年9月8日(土)〜 10月21日(日)
休館日  9月25日(火)〜 9月28日(金)
時間   10:00〜18:00
会場   文化会館たづくり1階 展示室
入場料  無料
主催
公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団
後援
調布市教育委員会     
J:COM 
調布FM 83.8MHz
内容

 調布市在住の山田元子さんは、「身体(からだ)のしくみのおもしろさ」をテーマに、金属や木材、大理石など様々な素材で

立体作品を手掛けています。
 銅板を熱し、叩いて曲げる工程を繰り返す鍛金(たんきん)技法は、体力や気力など途方もないエネルギーが必要です。

作家は学生時代、様々なテーマに取り組み、完成像を思い描きながらも、エネルギーを持続できず、作品を作り上げることが

できませんでした。しかしある時、自身が味わった感覚を鑑賞者が追体験できるような作品をつくりたいと思い挑戦して

みたところ、作品を完成させることができました。この体験がきっかけとなり、人体について調べていく中で、身体は

「臓器や骨などで構成され、液体がたっぷり入った容器の様」だと思うようになりました。鍛金技法は、容器を作ることから

発展した技法であり、その技法で作られた作品と人体は類似しているという考えに辿りついたのです。

以来、「身体のしくみのおもしろさ」を表現するために、見てさわって楽しめる作品を制作するようになりました。
 最近では、畑の多い調布に住まいを構えたことから、身体と野菜など農作物との融合作品にも取り組み始めています。
 本展では、新作の体験型作品を紹介するほか、「身体の外から内へ」と題し、人体のパーツや臓器をモチーフとした作品も

展示します。また、作家が作品に使用している素材、道具、作品のインスピレーションとなる写真、本、図鑑などを展示し、

アトリエを再現したような空間も設置します。

作品制作の軌跡や作品が生まれる過程を追い、作家が身体で味わった感覚を想像しながらご覧いただければ幸いです。

作品の画像
作品の画像
作品の画像
作品の画像
作家プロフィール

山田元子(やまだ はるこ)

1981年 茨城県つくば市生まれ
東京藝術大学大学院修了後、文星芸術大学助手、イギリスV&A美術館訪問研究員を経て2012年スタジオげん設立。

身体感覚をテーマに立体作品を制作。美術・造形教育にも取組み、2014年調布市に「街のアトリエ1号室」開設。

「カラダを動かし モノを作り 世界と対話する」を理念に、子ども教室やクラフト講座など展開。

入選
Summer Exhibition2012入選/Royal Academy of Art/ロンドン
第8回タグボートアワード入選/2013
South Tyneside彫刻ドローイング展2014入選/イギリス

出品
「アートのチカラ」2015/伊勢丹/新宿
「Art Busan 2015」/釜山/韓国
「KIAF 2015」/ソウル/韓国
「暮らしと表現の芸術祭2016」/fete府中/東京

開催によせて

 ここ調布で作品を制作し、子どもたちと共につくり学ぶ造形教室を開き、日々家族と暮らしています。

私の場合、食べたもの、身体に受けた感覚、思いなどが作品制作のきっかけとなります。身体から沸き起こる感覚に耳をすまし、

ゆらゆらしたものが形になるまで、材料を切って、叩いて、繋げて、削って、ひたすら手を動かします。
今回私の暮らしがあるこの地で、展示の機会を得られたことを大変嬉しく感じます。作品はオブジェから参加型のものまで様々です。

楽しんだり、時には頭を悩ませたりしながら展覧会を体験頂けたら幸いです。

ギャラリートーク

日時 9月08日(土)14:00〜

   9月22日(土)11:00〜

     10月06日(土)11:00〜

場所 調布市文化会館たづくり1階 展示室 

定員 30人(当日先着順) 参加無料

ワークショップ

■ ワークショップ 「変身ボックス」

 ※お申込みされた方には8月3日(金)にメールにてご連絡を差し上げました。万が一、届いていない場合はご連絡ください
中に入るとあら不思議!?視覚や聴覚(良く見える/見えない、聞こえる/聞こえない)など自分自身の知覚が変化する箱を

つくりましょう!

  • 日時
    8月22日(水)13:00〜15:00
  • 場所
    調布市文化会館たづくり1階 リハーサル室
  • 定員
    30人
  • 対象
    4歳以上(未就学児は保護者同伴)
  • 参加費
    300円(材料費)
  • 申込締切
    8月1日(水)

 

■ ワークショップ 「野菜と身体」
食品と身体のパーツが組み合わった作品をつくりましょう!

  • 日時
    9月22日(土)13:00〜15:00
  • 場所
    調布市文化会館たづくり1階 リハーサル室
  • 定員
    35人
  • 対象
    4歳以上(未就学児は保護者同伴)
  • 参加費
    400 円(材料費)
  • 申込締切
    9月3日(月)

 

■ ワークショップ 「鍛金(たんきん)体験」 

叩いて曲げて、銅の特徴を体験しながら半立体(レリーフ状)の作品をつくりましょう!

  • 日時
    10月 6日(土)13:00〜15:00
  • 場所
    調布市文化会館たづくり11階 第2創作室
  • 定員
    15人
  • 対象
    小学生以上
  • 参加費
    700円(材料費)
  • 申込締切
    9月18日(火)

 

□ ワークショップ申込方法
(1)インターネットによるお申込みの場合
ホームページの入力フォームから必要事項を入力してください。
(2)はがきでお申込みの場合
ヾ望のワークショップ名 
□住所
氏名(フリガナ)
で齢・学年 
ヅ渡暖峭罅箆⇒蹐つきやすい番号) 
市外在住で市内在学・在勤の方は学校名または勤務先名とその所在地を明記のうえ、〒182−0026調布市小島町2−33−1

 たづくり事業課「山田元子ワークショップ係」まで郵送してください。
※ 申し込みは、1人1通のみです。重複申し込みは無効です
※ 申込多数の場合は、市内在住・在学の方を優先して抽選します
※ 当選の権利は第三者に譲渡できません
※ 抽選結果については、募集締切日より1週間以内に当選者のみへ、はがきまたはメールでお知らせします
※ 応募いただいた個人情報は、本事業のみで利用します。所定期間終了後、当財団で処分いたします
※ ドメイン指定受信をされる方は、あらかじめtazukuri@chofu-culture-community.org を受信できるよう設定してください
※ 一部の携帯キャリアやフリーメール(@yahoo.co.jp、@gmail.comなど)では、ご自身で設定変更等を行っていない場合でも、

自動的に当財団からのメールを迷惑メールと判断し、迷惑メールフォルダに振り分けることがあります。

必ず迷惑メールフォルダもご覧ください

お申込はこちら

ワークショップ「野菜と身体」

9月22日(土)13:00〜15:00
調布市文化会館たづくり1階 リハーサル室

ワークショップ「鍛金体験」

10月6日(土)13:00〜15:00
調布市文化会館たづくり11階 第2創作室

Powered by
30days Album